かなりの時間がかかる

2月 28th, 2017

皆さん、アダルトサイトや成人向け雑誌に載っている素人の投稿写真で、路上調教と称して女性が野外で全裸になっていたり、縛られていたりといった写真をご覧になったことがあると思います。
そういう写真ではよくコメントに「出会い系サイトで知り合ったM女です」と書かれていたりしますが、果たして本当に出会い系サイトにこんなM女性がいるものでしょうか。

特にSMは特殊と言っていい性的嗜好です。普通はせいぜい恋人や妻など、よほど近しい相手でなければパートナーには中々なれないものだと思います。
こういう趣味は大っぴらにもしにくいでしょうし、見ず知らずの女性を口説いてSM関係にというのはかなり難しいように思います。

実際にMの女性でSの男性を探している人も、広い世の中を探せばいるにはいるはずですが、こういう女性が相手を探すとしたら……? 出会う男性にいちいちMの性癖を明かさなければならないし、そんなことは現実的には難しいでしょう。
ネットが登場する前はSMの雑誌の読者投稿コーナーなどがSM相手の募集の場を果たしていました。ネットが一般化してから、その募集の場が出会い系サイトに変わってきたようです。

とはいえ、あからさまに「M女と出会える!」と謳っているような出逢い系サイト 無料でも、簡単に出会えるものではないでしょう。それはやはり、Mの女性は一般的な比率から言っても一握り、その中で出会い系に登録している人となればさらに少ない。そしてこうしたあからさまな内容のサイトは、M女のフリをしたサクラも多数いるものです。仮に出会えたとしても、相手はHする代わりにお小遣い稼ぎがしたい女性の可能性もあります。

SMという嗜好、特にMは、Sの相手に身を委ねられるだけの信頼感があって始めてできるプレイでもあります。昨今は様々な事件も起こっていますし、そうした信頼を築いて、会ってのプレイに繋げるまでにはかなりの時間がかかることも覚悟しておかなければならないでしょう。